Strange Rhythm 率先して後ろへ

おれの呼吸は生まれながらにして奇妙なリズムを刻むそうだせ。
<< WILLY 6/12 | main | amadana デザイン家電 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
DEEP BLUE 少しだけ見ました。
最近、amazonのDVDランキングで常に上位にいるなー。なんか人気に映画のDVDでもでたんかな?くらいにしか思わずクリックすらしていなかったのですが、今日の帰りにHMVで流れていたのでちら見してきました。
あーこりゃ買いですね。まちがいなく。凄いですよ。
シャチがアシカ喰うとりました(イイ意味で)。『シャチがアシカを食べる期間は数日しかありません。幼いアザラシが浜辺の危険を知るまでの間です。』『シャチも危険をおかしています。座礁する危険があるのです。』とかいうテロップとともにね☆
ディスカバリーチャンネルちっくなドキュメント映像の凄いバージョンとでもいいましょうか。自然の素晴らしさ厳しさ満載のようです。
一番、印象に残っているシーンはシャチが尾っぽでアシカを空中高く跳ね上げているシーンです。明らかに10mは飛んでいた様にみえました。
音楽も凄いようでベルリン・フィルハーモニーですって。ドップリトリップしてしまいそう。HMV渋谷では売切れ中でした。
『DEEP BLUE公式サイト』で予告編が見れます。劇場公開していたんですね。映画館でみたかったです。
製作7年、ロケ地200ヶ所、撮影7000時間−。奇跡と執念の海洋ドキュメンタリーが生まれた。スタッフはまず、丸一年かけ何百人もの科学者に会い、綿密なリサーチを行った。その後、危険で困難なサメや北極圏の撮影にはその道のプロカメラマンの手を借り、20もの撮影チームを組んで世界中に配したが、それでも撮影に4年半かかったという。

ディープ・ブルー
ディープ・ブルー

あーでもお金がないので来月のお給金が出てから買います。(風俗になんか行っていません。ごめんなさい嘘つきましたいきました。)
| DVD | 01:32 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 01:32 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fujimineko.jugem.cc/trackback/68
トラックバック
ディープ・ブルー/アラステア・フォザーギル&アンディ・バイヤット
圧倒的な自然界の映像に心を奪われました。弱肉強食のあるがままの海がこれほど美しいとは思いませんでした。 巨大な鯨が手に届くところを通り過ぎ、思うと深海の奇妙な生命体が映し出され、アシカをシャチを襲い、サメの群れが所狭しと泳ぎまわります。全ての映像が
| 文学な?ブログ | 2006/06/23 2:38 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>